美しい姿勢を維持できないワケは?

もう暑くて暑くて。。。
そんな、真夏に突入しましたね~。

どんどん薄着になっていくこの季節。
もしかしたら、水着になることもあるかもしれないこの季節。
からだに磨きをかけるべく、ロルフィングでボディメイクをしてみてはいかがでしょう?

ということで、からだに磨きをかける要素の一つ、美しい姿勢について。

ロルフィングでは、日常的な姿勢について、10シリーズの各セッションを通して、快適かつ美しい状態へ導いていきますが、

・猫背である、または背筋をのばした状態を維持できない
・姿勢よく椅子に座ることができない、長い間座っていると腰が痛くなる

といった悩みを持っている方が、非常に多くいらっしゃいます。

それでは
姿勢がいいのって、なぜだと思いますか??

体形の違い。
遺伝。
いつも姿勢をよくしていようと、不屈の精神で背筋を伸ばして腹筋と背筋をプルプルさせながら頑張っている!!

と?
そういうわけではないと思います、いつも姿勢がいい人は。

そうではなくて、
①きれいに座る・立つの状態のコツがあります。

意識の持ち方とか、重心の持ち方とか、いくつかポイントがあって、そのポイントがズレていると、見た目的にも、自身の快適さ的にも良い姿勢を維持するのが難しくなります。
長い時間、きれいな姿勢を維持できる人は、そのコツが身についています。
そして、このコツは、今からでも身につけることができます!

次に、
②美しい姿勢をとるために必要な、からだの構造があります。

①のコツを身につけると、楽にきれいな姿勢をとれるようになりますが、その前に、からだの可動制限が大きくなっていたり、柔軟性が失われていたりすると、美しい姿勢をとるためのポジションや、全体のバランスにからだが対応できません。
たとえば、背筋を伸ばしていたくてもそうできないのは、背筋を伸ばしておくのがしんどいからではありませんか?それは背筋を伸ばすのを邪魔するなんらかの制限があるから。あなたの気合が足りないというわけではありません。

美しい姿勢には、①と②、どちらも必要です。
①②両方そろうと、美しい姿勢でいることは、それほど難しいことではなくなります。
なぜなら、その状態がからだにとって楽だとわかるからなんです。

わたしは、小学生の頃から背すじを伸ばして座っているのがとても苦手だったのを覚えています。
苦手というより、そんなのは無理でした。
今思うと、あの時点なら①のコツを教えてもらっていたら、姿勢よく座っていられたのかも、という気もします。
それに、たぶん父親の姿勢をコピーしていた(これはよくある例です)傾向で、普段から猫背気味になりがちでした。

それからずっと、長時間きれいに座るのは苦手(というか無理)だったのですが、ロルフィング10シリーズを終えて、しばらくしてロルファー養成トレーニングの合間に、短期的に会社で働いたりしていたころ、かなりの人に「姿勢がいいね」と声をかけられました。
それまで、姿勢をよくするように言われたことはあったけど、ほめられたことは記憶になかったので、ちょっとした驚きでした。
からだって変わるものだな、と思います。
きれいな姿勢の維持はできないと自覚したころから、姿勢を褒められだすまで、20年程は経っていたのですから(笑)

美しい姿勢を手に入れたい方、どうぞ~!
→ ロルフィング セッションの申し込みはこちらから★
からだのレベルアップのオマケ付きですよ!!

 

=====================================

*よりよいあなたへの一歩をサポートする、各セッションのご案内*

ロルフィング®についてはコチラ
アクセス・バーズ™についてはコチラ
各セッションのご予約・お問合わせコチラ

rolfing® ロルフィング® / access bars™ アクセスバーズ™  in 香川県三豊市

===============================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です