ニュートラルはどこ?

ゴールデンウイークが終わりました!

4月はいつの間にか、、、、終わっていた 🙂

さて、今日はニュートラルについて書いてみたいと思います。

ニュートラルって言葉、普段は車を操作するときにつかったり、、、
他にはそれほど使わないでしょうか。

Wikiによると↓
Neutral:ニュートラル
自動車などのトランスミッションにおいて、原動機と動力伝達装置が切り離された状態。
・どちらにも属さないこと。中立。
・中性、無性

こんな意味をもとにして、ボディワークではニュートラルポジションという概念があります。
これは、関節・靭帯・筋肉への負担が最小限であり、各機能が最大限に発揮できるように、全体のバランスがとれているポジションのことです。

わかりやすく言うと、
わたしたちが一番楽(ラク)でいて、かつ、パフォーマンスも最高に引き出せるところ。です。「ところ」というのは、姿勢だったり動きだったり、バランスだったり、根本的に、関節の状態だったり、いろいろあてはまりますが、、、。

ロルフィングはこのニュートラルなところを追及するワークと言ってもいいと思います。

一番楽(らく)!
これがとても重要なポイントです。

わたしたちのからだは、千差万別ですが、それぞれに合ったニュートラルなポジションが存在しています。頑張るところは最小限でいいんです。
そこから離れれば離れるほど、余計なエネルギーを使わなくてはならないので、それが体への負担となっていくわけです。

ニュートラルな状態は、楽ちん、ハイパフォーマンスに加え「美しさ」も発揮できます。
トップアスリートなどは、これらを最大限に引き出しています。
どんなジャンルのアスリートだったとしても、トップの方々はとてもフォームがきれいだったり、からだの動きもしなやかです。

もちろん、アスリートでなくても体で何か表現する人には同じようなことが見て取れます。楽器の演奏者や、~道の方たち。茶道や華道、書道でもその所作といいますか、美しいです。

そもそも、頑張るのって、長く続けるのしんどいですよね。
頑張り続けられるかたもいると思います。
でも、頑張らなくて同じこと、いやそれ以上のことができるなら、、、
そっちの方がいいじゃないですか?

いい姿勢も、美しい歩き方も、いつもいつも頑張って保ち続ける必要はないのです。

え、でもきれいな姿勢なんて、がんばっても5分くらいしか維持できないよ

という場合、それは、、、あなたのニュートラルポジションから離れた時期が
長かったのかもしれません。
その場合、ニュートラルポジションがとりたくても取れない状態のからだになっていたりします。

今まで、相当な時間座ったり歩いたりしてきたと思いますが、そういうのって
自然とやっているだけで、誰からも教えられたことはない人がほとんどです。
胸をはって! とか
背筋を伸ばせ! とか
きれいに座って! とか
そう言われて、言われたとおりにやって、見た目ほとんど一緒でも、
実はみんなちょっとずつ違うんです。
どうちがうのか、、、
それをお伝えするのがロルフィングです。
これは言葉で説明するのは難しくて、「体感」を交えないとなかなか伝えられません。だから、一度やってみて~と、言うのが早い 😉

ロルフィングでは、再びあなたのニュートラルポジションを目指してセッションを進めていきますし、「ニュートラルな状態が楽なんだ」と実感してもらえるようになっていくと思います。

最小限の努力で、最大限の結果!

うーん、これはアクセス・バーズ™と共通事項ですね!
目指すところはこれです、はい。

ニュートラル生活、いかがですか?(笑)

 

=====================================

*よりよいあなたへの一歩をサポートする、各セッションのご案内*

ロルフィング®についてはコチラ
アクセス・バーズ™についてはコチラ
各セッションのご予約・お問合わせコチラ

rolfing® ロルフィング® / access bars™ アクセスバーズ™  in 香川県三豊市

===============================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です